Now Loading...

3月11日(金)、12日(土)「SONG OF THE EARTH 311-FUKUSHIMA2022-」で開催するキャンドルナイトコンテンツ「CANDLE 11th」無事に終了しました。

北は北海道から南は九州沖縄まででキャンドルイベントを開催している団体、施設、キャンドル取り扱い企業、キャンドルを愛好している著名人などから、福島への想いを「メッセージキャンドル」にして届けようと呼びかけました。

会場では、JCAの呼びかけで集まったキャンドルの他、これまでLOVE FOR NIPPONのキャンドルナイト活動で集めたキャンドル、事前に福島県の学校でメッセージを書いて頂いたキャンドル、当日会場で受け付けるキャンドルを含む約2000個のキャンドルが灯りました。会場は風もほとんどなく、想いが届いたかのような天候でした。会場へ足を運んでくださったみなさん、あかりを届けてくださったみなさん、ありがとうございました。

LOVE FOR NIPPON 代表、JCA専務理事のCANDLE JUNE氏のメッセージにありましたように、「また来年」ではなく、「ここから一年またどうぞ宜しくお願い致します。」

本当にありがとうございました!

呼びかけに賛同して頂いた一般団体、開催施設、学生団体キャンドルを扱っている企業、

ハンドメイドキャンドルの他協会、全国にある日本キャンドル協会、理事、認定校・生徒様の詳細は下記の通りです。(順不問)

札幌コンベンションビューロー、北海道札幌市定山渓観光協会、NPO法人南富良野まちづくり観光協会 小林茂雄氏、めむはうす(北海道 伊達市)、株式会社インサイト まま・ここっと、100万人のキャンドルナイト実行委員会 東京、株式会社東京タワー、VISON(三重県)、100万人のキャンドルナイト@オオサカシティ一、一般社団法人ジェルキャンドル協会、株式会社フレックス(岡山県津山市)、うらぶくろ商店街振興組合(広島県広島市)、世羅高原農場(広島県世羅郡)、株式会社体育社(広島県広島市)、アウトドアベースSunpo(島根県益田市)、株式会社いないmimoza(鳥取県倉吉市)、株式会社HIT(愛媛県新居浜市)、横澤石材(香川県三豊市)、大分県竹田市竹灯篭「竹楽」、灯明師 尾方氏(福岡県)、関門海峡キャントドルナイト(福岡・山口県)、キャトルリーヴス(福岡県)、宮崎県生駒高原(宮崎県)、長崎グラバー園、佐賀県吉野ケ里公園管理センター、万国津梁の会(沖縄県 首里城)、デポアイランド(沖縄県北谷町)、はいむるぶし(沖縄 小浜島)、

JCA キャンドルスタジオ東京、JCAキャンドルスタジオ大阪、キャンドルスタジオ ピエニタッカ、キャンドルスタジオ エクラ、ソポ キャンドル、ファロテラス、キャンドルスタジオ ワン、キャンドル トマト、マローズ キャンドル、キャンドルスクール キナリ、

Earth Light Project、中央大学ボランティアセンター公認団体りこボラ!、早稲田大学 環境ロドリゲス、岐阜大学 環境サークルG-amnet、Climate Youth Japan、アースデイ 函館、長崎大学 Peace Caravan隊、学生団体 おりがみ、尾上松也氏(歌舞伎俳優)、池田綾子氏(シンガーソングライター・作詞作曲家・環境省アンバサダー)

■SONG OF THE EARTHのレポートはこちらより

■日本キャンドル協会のインスタグラムより当日の様子もご覧ください

キャンピングカーのご協力もありがとうございました。
みなさんの想いが込められた灯り2000個が灯りました。
認定校 candle studio eclat
認定校 Sopo Candle
認定校 candle studio Pieni Takka
認定校 faro terrace