Now Loading...

フクシマで、灯そう~SONG OF THE EART311~ 動画をアップしました

日本キャンドル協会はイベントの趣旨に賛同し、本年から共催として参加させて頂くことになりました。

CANDLE JUNE 氏からのメッセージです。動画とともにぜひご覧ください。

3月11日に一緒に灯してもらえませんか

福島の人たちは毎日を取り戻す日々が続いています
廃炉の問題や風評被害
この問題を本当に福島の人たちのことだけにしておいてよいでしょうか

原発に対しての賛否ではなく
原発事故から起きた現象、影響をしっかり学びこれからの未来に生かすこと
それが唯一、亡くなった方々や
風評で苦しんでいる方々へできることではないかと思います

世界では2001年911世界同時多発テロ
2021年世界中でコロナウィルスの流行とありますが
日本では2011年に311の震災、津波、原発事故がありました

本来であれば発災時からの10年で
しっかりとした学びができていれば
現在も続くコロナウィルスに対しても
日本がリードできていたことがあるかもしれません

原発事故の本当の怖さは
原発のことを話題にして盛り上がることができないということです
福島では復興格差が生まれています
なおさらそれぞれが口に出すことができずらくなります

私たちが通い続けること
そしてこのようにみなさんにお願いし続けることの意味は
これまで繋がっていなかった人を一人でも多く
福島につなげることが一番の支援だと考えているからです

「10年間ずっと福島のことはもやもやと考えていました。」
「初めて福島に来ました。あの時のこと、そして今までのことなど聞かせてもらえませんか?」

わたしたちが福島に来ることは当たり前になっています
私たちにはできないことがはじめてくる人にはできるんです

心に留めているものを県外の人が聞いてあげること
そして自分ごとに置き換えてみること

そうすることで
福島だけの問題ではなく
これからの日本の、そして世界の問題であることに気がつくと思います

福島の人たちだけの問題とせずに
一緒に考えそして
解決することが
これからの日本のためにもなり、そして一人一人のためにも
未来の子供達のためにもなると信じています

みなさんそれぞれのあかりを3月11日に灯してください

どうぞ
よろしくおねがいいたします

CANDLE JUNE