Now Loading...


ABOUT JCAA コンテストについて

キャンドルを「安心安全」に日常的に灯してもらえるような世界へ

あらゆる電化が進む中、あらためてキャンドルが灯る世界が見直されています。火はとても危険なものでもありますが、さまざまな恩恵をもたらします。

日本キャンドル協会は、より安全にキャンドルを多くの方々に楽しんでいただくためにまた日本のキャンドル製作者の技術向上や、交流拡大のためにアワード開催をしています。

‌各部門の日本一を決めていくことで、様々なキャンドルの種類があることの認知度アップや、技術面の向上を目指します。

各部門ごとのグランプリを決定し、その上で最も優れた製作者に「JCAA2023グランプリ」を授与することになります。

‌また毎年審査内容を更新しており、より精度の高い審査を目指しています。みなさまの熱き想いのこもった作品出展をおまちしております。

募集期間:
2024年5月13日(月)
〜7月31日(水)まで
画像提出期限: 8月15日(火)
エントリーフィー:
5,000円/1エントリー

応募はこちらから

Department(部門)

ミクスチャー アイコン

ミクスチャーMixture

VIEW MORE
【作品条件】
様々な技法を複合的に取り入れていること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
部門や技法に縛られない自由な発想、オリジナリティを感じられる作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤ミクスチャー:技法を複合的に取り入れているか
ジェル アイコン

ジェルGel

VIEW MORE
【作品条件】
ジェルワックスを使用した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
ジェルワックスを使用し、ワックス特性(透明感・弾力性等)を生かした作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤ジェル素材を生かしているか
カービング アイコン

カービングCarving

VIEW MORE
【作品条件】
キャンドル表面にカービング(彫り)を施した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
キャンドル表面にカービング(彫り)を施すことで、光の透過性・拡散性を高めている作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤カービング技術
フラワー アイコン

フラワーFlower

VIEW MORE
【作品条件】
シート状ワックスを使用して花の形に造形した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
シート状ワックスを使用して花の形に造形し、そのリアルさや質感を表現した作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤フラワー技術
手ごね アイコン

手ごねforming by hand

VIEW MORE
【作品条件】
ホイッピングしたワックスを手で捏ねて造形した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
ホイッピングしたワックスを手で捏ねて造形し、火を灯した際の流ロウにも配慮された作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤手ごね技術
ボタニカル アイコン

ボタニカルBotanical

VIEW MORE
【作品条件】
キャンドル内部もしくは表面にボタニカル(植物)を使用した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
キャンドル内部もしくは表面にボタニカル(植物)を使用し、火を灯した際にその印影が効果的に映る作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤ボタニカルバランス
東京タワー アイコン

東京タワーBotanical

VIEW MORE
【作品条件】
東京タワーを連想させる作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
東京のシンボルである「東京タワー」を連想させる作品であるか

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤シンボリックに表現できているか
グラデーション アイコン

グラデーションGradation

VIEW MORE
【作品条件】
色彩のグラデーションが特徴的な作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
素材にこだわらず、色の濃淡、明暗、色彩などの段階的な変化(グラデーション)が特徴的な作品であること。
既知のイメージにとらわれない、新鮮さを感じられる作品であること。

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤グラデーション技術
ナチュラル アイコン

ナチュラルNatural

VIEW MORE
【作品条件】
ナチュラル素材を使用し、環境等に配慮した作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
ナチュラル(天然)素材をメインに使用したキャンドルであること。
また、日本の文化や地場産物などを取り入れるなど、こだわりとストーリー性を感じられること。
環境等に配慮したサステナブルな作品であること。

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤ストーリー性とサステナビリティ
ワックスアート アイコン

ワックスアートWax art

VIEW MORE
【作品条件】
点灯をせずにアートとして楽しめる作品であること

<各部門共通>
・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

【審査基準】
ワックスをメイン素材に作られた作品
であるが、火を灯さずに使用することができ、アートとして、デザイン性に優れていること。
インテリアやギフトなど、プロダクトとしてのクオリティが高いと感じられるものであること。

<各部門共通>
・安全に最後まで使うことのできるキャンドルであるか
・各部門の技術もしくはワックスの特性を生かした作品であるか
・オリジナリティの感じられる作品であるか
・デザイン性を意識して制作された作品であるか

【審査項目】各5点
①クオリティ:作品の完成度
②セーフティ:点灯時の安全性
③カラーリング:色彩の美しさ
④オリジナリティ:独創性
⑤プロダクトとしての完成度

『グランプリ』
グランプリ:賞金100,000+賞状
準グランプリ:賞金50,000+賞状

『各部門』
1位:賞金30,000+賞状
※その他、審査員特別賞などを予定しています。

一次審査について

【審査員】JCAA事務局/CANDLE JUNE/代表理事
【審査方法】画像による審査
【一次審査結果】2024年8月31日(土) ※メールおよびHPにて発表

ファイナル審査について

開催日:2024年10月26日(土)
開催場所:東京タワーホール
住所:東京都港区芝公園4-2-8
審査員:一般社団法人日本キャンドル協会(JCA)理事/特別審査員
審査方法:審査員による実際の作品審査 各部門審査項目ごとに評価5点制

 

エントリー方法

エントリーフォームより、必要事項を記入して申込。
②エントリー内容とエントリーフィーの入金について事務局よりメール送信。(自動返信)
③エントリーフィーの入金確認後、画像提出方法の案内を事務局よりメール送信。
④画像提出。エントリー完了。

必要事項

氏名 / 屋号(※)/ 住所 / 電話番号 / メールアドレス
性別 / 年齢 / 生年月日 / 所属協会(※)/ キャンドル資格(※)
HP、SNS情報(※)(※)はお持ちの方のみ

作品条件

・芯が必ず入っていること(複数芯でも可、ワックスアートは除外)
・火を灯すことができ、最後まで安全に使用できるキャンドルであること(ワックスアートは除外)
・横60cm×奥行き60cm×高さ70cmに収まる大きさであること
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

応募条件

・プロ、アマ、国籍、年齢、資格の有無などは一切問いません。
・ファイナル審査では実際に作品を展示していただきます。
ご自身で作品をお持ちいただける方、もしくは作品の郵送が可能な方のみを対象とします。
・複数部門へのエントリーは可。ただし1部門1作品に限ります。
また同一作品での複数部門エントリーはできません。

作品提出

・1作品あたり画像2枚をご提出ください
・2枚のうち必ず1枚はファイナル審査を想定し、横60cm×奥行き60cm×高さ70cmのエリアに作品を展示した場合の画像をご提出ください
・2枚のうち必ず1枚は作品全体のデザインがしっかりと伝わる写真をお送りください
・2枚とも同じ作品(被写体)を撮影してください
・画像への加工は不可とします。
・画像は1枚あたり10MB以下のものでお願いいたします
・作品のデザインがしっかりと伝わる明るさであれば火を灯している写真も可とします。
・キャンドル作品以外の装飾品などでデコレーションすることは不可とします。
※ただし、高低差をつけるための台、作品の下に敷くクロス等の使用、世界観を表現するためにワックスを使用した造形物を付属することは可。

エントリー規約および注意事項

・エントリー作品について、版権や著作権物との組み合わせはご遠慮ください。
・エントリー作品は、発行物、広告、カタログ、ホームページ、展示、
イベント時の展示等に無償で使用させていただく場合があります。
・エントリー作品に関して、万が一エントリー者以外との間で著作権等に関わる問題が生じた場合は、
エントリー者の責任のもと解決を行ってください。
・エントリー時にご提出いただいた個人情報につきましては、弊社で適切に管理し、
原則として第三者には提供いたしません。
・携帯キャリア各社のメールアドレスでお申し込みいただいた場合、
JCAA事務局からのメールが届かないというお問い合わせが多くございます。
大変お手数ですが、PCメールアドレスをご使用いただくか、
事前に「jcaa@japan-candle.org」からのメールが受信できるよう指定受信の設定をお願い致します。
・エントリーフィーの支払後はいかなる事情があっても返金はいたしません。予めご了承ください。
・画像提出の際、Googleアカウントが必要となります。
・作品の郵送中、および展示中に事故、破損等が起きた場合については一切の責任を負いかねます。
・応募者は本アワードにエントリーした時点で本規約に同意したものとします。

ARCHIVE

 

JCAA2022
JCAA2022
JCAA2022
 

All rights reserved. Japan Candle Association.